アパレル業界で働く人の平均的な年収はどれくらいなのか

MENU

アパレル業界で働く人の平均的な年収

アパレル業界は憧れる人もたくさんいますが、一番の気になるポイントはやはり年収です。アパレル業界は販売系、生産系、本社でのプレスや管理職に分かれており、それぞれ年収も変わります。

 

気になる販売員の給料は?

アパレル業といえば、多くの人がはじめに経験するのが販売員です。販売員の初任給は無資格の場合、相場は15万から18万程の間と言われています。

 

また販売員はあまり給料の差がなく、店長クラスでも20万から23万程の間が平均的。大体年収にすると、200万円から300万円が平均値となります。都市部や地方といった違いもありますから、あくまでも平均値です。他業種との違いは、はじめのうちはあまり差がありません。

 

ただ会社員では、役職がつくと給料にも手当などがつく場合が多いです。販売員は、頭打ちになりやすい職種でもあります。店長やエリアマネージャークラスとなると、相場では月収20万から25万、売り上げが高い店舗だと30万くらいです。

 

その他の職種の給料は?転職する際のポイント

MDやバイヤー、パタンナーといった生産系ですと、販売員よりも1割から2割ほど高い初任給だとされています。本部勤務のプレスや管理職は、いきなり就職することが難しいため、色々な経験の後転職する方が多いです。ですから月収の相場は、27万から40万ぐらい。ここまでくると目指したい金額ですし、夢も広がりますね。

 

プレスはブランドの顔だとも言われているポジションです。大手企業や一流ブランドともなると、年収600万円を超える人も実際にいます。販売員からはじめるとしても、転職する前に「少しでも高い給料で働きたい」と思うのは当然のこと。転職する前に、交通費や服の支給はあるのか、手当などはつくのかを調べておくのもポイントです。

 

また、売り上げが伸びればインセンティブをもらえる所も、逆にノルマが達成できなければマイナスになる所もあります。残業代やボーナスも、月収や年収にすれば大きいものなので、必ずチェックが必要です。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら