パタンナーの仕事についての話

MENU

パタンナー

アパレル業界のパタンナーとは、出来上がったデザインをパターン(型紙)におこす仕事です。これは、業界の中でも非常に重要な職業。それなりに根気と努力も必要になります。

 

そもそもパタンナーの仕事とは、型紙をおこすことだけにとどまりません。実は、ブランドのイメージやコンセプトの理解をはじめ、縫製工場とのコミュニケーションも必要です。ただ単に、デザイナーからデザインを受け取って、型紙におこすだけでは失格。ブランドにもよりますが、会社やデザイナーの意向をうまく型紙に表現しなければならないわけです。

 

そうした努力がなければ、せっかく自分がおこした型紙も、縫製工場で全く別物に変わってしまうことも。具体的な縫製の指示やコミュニケーションが足りないと、大変なことになってしまうケースもあるんですね。そんなアパレル業界のパタンナーになるには、服飾の専門知識が必須です。専門学校を卒業していれば、未経験でも企業のパタンナーとして活躍できる機会があります。

 

そして案外、経験以上に求められるのが知識やセンス。デザインから微妙な曲線を読み取ったり、個性を表現する能力も求められます。さらに、それぞれ異なる素材の特徴を理解し、機能性も考慮しなければなりません。

 

そう考えると、アパレル業界におけるパタンナーとは、多くの知識を必用とされる重要な仕事であることがわかります。ちなみに、パタンナーを募集しているアパレル業界の中には、コピーの大量生産目的の会社も存在しています。

 

このような会社はデザイナーを持たず、雑誌を直接パタンナーへ、という何とも雑な内容。つまり、他ブランドのコピーをしろといわれているようなもの。パタンナーとして実績を積みたい人には、かなり屈辱的です。とはいえ、パタンナーのお仕事は、専門知識が得られれば、自分でデザインしたものを型紙におこし、布を裁断して服を作ることも可能!とっても魅力的で、将来的にも長く活躍できる仕事です。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら