アパレル・ファッション業界の事務の求人は?

MENU

事務

一般的に事務職というと、書類作成や電話受付というイメージですが、アパレル業界の事務職も、似たようなお仕事です。もちろん会社によって異なります。小規模な会社では、経理も行う庶務的な業務。大規模な会社では、電話受付専門のアルバイトということもあります。一見、簡単そうなアパレル業界の事務職は、具体的にこんなお仕事をしています。

 

まず、最も多いのはやはり電話受付。全国展開しているブランドなどは販売店も取引先も多くなるため、慣れるまで、けっこう大変。また、電話受付以外にも、本社をはじめ各店舗の備品管理も行います。販売店から必要なものの連絡を受けたら、発送したり営業に持参させたり。経費を抑えつつ、常に消耗品を揃えておかなければなりません。

 

さらに、小規模の会社の事務になれば庶務業務、備品管理をはじめ社員の経費精算や給料明細の配布、健康診断のお知らせ、セール会場の手伝いに駆り出されることも。

 

毎日忙しいわけではありませんが、本社やショップの様々な雑用もこなさなければなりません。こんなアパレル事務も、長年勤めれば会社の何もかも把握できるようになります。しかも、社内でもわりと中立的な立場になるため、誰からも慕われる存在に。もちろん社内割引も使えます。自社商品を格安で購入することもできるでしょう。

 

このアパレルの事務職には、特別な資格などは不要です。ただ、経理も兼ねる会社であれば資格が必要になります。多くは新卒でも一般事務経験者でも大丈夫。反面、長期間務める人が多いので競争率が高く、あまり募集が行われることはありません。

 

大規模なアパレル会社では、一般事務で採用したのち、バイヤーやビジュアルマーチャンダイザーに配属することもあります。事務職といえども、アパレル会社に応募するからには、何かしらファッションに関係する資格や経験があると、後々優遇してもらえるケースがありますよ。

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら