国内系と外資系のアパレル業界はどう違うの?転職先のポイントとは

MENU

国内系と外資系のアパレル業界はどう違うの?

アパレル企業に転職するにあたって、国内系や外資系で働き方が違うので、どっちが自分に合うか気になりますね。確かに外資系となると、公用語は大体英語です。キャリアアップを狙うのであれば語学力も必要となります。その他にも働き方についても違いがあります。

 

日本のアパレル企業の全体像

日本のアパレル業界での販売員は動くマネキンです。マネキンに服を着せるよりも、生身の人間が着た方がイメージも沸きます。そのブランドのスタッフのコーディネイト力も必要になります。

 

お客様の迎え方は、国内系は常にディスプレイを綺麗にしたり、服をたたんだりと流動的に待機するやり方です。またお客様の声や、スタッフの意見を元に次回の作品に繋げるやり方や、セミナーに参加する教育の仕方も国内系ならでは。

 

給料に関しては、個人や店舗予算をクリアするとボーナスに反映されることが多いでしょう。

 

外資系アパレル企業の全体像

外資系ではミーティングなど公用語で行うところもあります。リーダーや店長クラスだとバリバリの英語を話している人も。身だしなみについては、外資系ではそのブランドイメージを強く持っているため、そのブランドイメージを体現したユニフォームを着て、ヘアやメイクの色味も全て決められていることが多いです。

 

サイズ感も決められており、ユニフォームやクリーニング代はすべて会社持ちの所が多くなっています。憧れのブランドだと、そのブランドイメージを背負っている気持ちになれるため、非常に誇りに思える瞬間でもあります。

 

お客様の迎え方については、お客様が試着している時にはミラーに映らないのが基本です。流動的な国内系待機に対して、外資系は決められた立ち姿勢でお客様の指示を待つ。といった違いがあります。

 

教育に関しては、外資系はミステリーショッパーが多く、後で内容を皆で精査するといったやり方が通常です。外資系は歩合制もあります。インセンティブが設けられている所が多いので、目に見えて分かりやすい目標があるのが特徴です。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら