ディストリビュータの仕事と求人

MENU

ディストリビュータ

アパレル業界のディストリビュータとは、簡単にいえば在庫の消化率を上げるお仕事です。以前はショップ間で行っていた商品のやり取りを一括して行い、効率良く在庫管理をする立場にあります。また、バイヤーが仕入れた商品を直接任され、各店舗に配分することもあります。

 

そもそも、アパレル業界にとって最も恐ろしいのは、期末に大量の在庫を抱えてしまうことです。例えば、バイヤーやMDが買い付けた商品も、その全てが完売できるわけではありません。在庫が残れば残るほど赤字は大きくなり、やむなく期末セールで格安放出するしかないわけです。

 

ですが、このディストリビュータがいることで、その在庫をグンと減らすことが可能になります。ディストリビュータはショップ間の在庫はもちろん、ショップごとの客層や売れ筋を把握して、売れるところに売れる商品を配置。無駄なく効率よく、会社の利益に貢献できる仕事なんです。

 

例えば、関東のショップで全く売れない洋服を関西のショップへ持って行ったところ完売したり、その逆もあります。また、レディース服が充実した百貨店内のショップには、良く出るサイズを豊富に集めたり、プレゼント用のメンズ小物を多めに置いてみたり、ショップの環境を把握するリサーチ業務も、ショップが多ければ多いほど重要になります。

 

さらに、ディストリビュータとして単独で判断するのではなく、バイヤーやMD、営業とのミーティングも欠かせません。場合によっては買い付けに同行することも。季節ごとの新商品にも、ディストリビュータの意見が役立つわけです。

 

このディストリビュータという仕事に適しているのは、やはりアパレル業界での経験者。販売員や営業、バイヤーなどの経歴があれば、採用のチャンスが大きく開かれます。ただし、商品を適切に移動させることができなければ、あっという間に解雇・・・という噂もあります。几帳面さや誠実さも、重要な採用条件になりそうですね。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら