アパレル業界の転職で気をつけたい点

MENU

アパレル業界の転職で気をつけたい点

「お洋服や服飾雑貨に囲まれて日々働いてみたい!」「アパレル業界に興味がある」現在そういった方は少なくありません。そこで、アパレル業界に転職する際に気をつけたい点を何点かあげておきます。

 

勤務時間、勤務日の確認

事務関係や会社員さんのお仕事ですと、土日がお休みで、月曜日から金曜日までがお仕事。勤務時間は、平日の朝8時頃から夕方5時頃が一般的です。

 

アパレルは、来てくださるお客様相手の接客のお仕事。お仕事後、買い物に来てくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。そのため、お店の閉店時間にもよりますが、朝早く出勤する日もあればお昼過ぎから出勤し、閉店時間まで働く日もあります。基本シフト制です。

 

また、アパレル業界は土日にお客様が多く来てくださり、1番の稼ぎ時。ですので、休日は土日固定、というわけにはいきません。アパレル店の店員さんの休日は、土日以外の平日にもらえると思った方がいいですね。

 

勤務時間、勤務日を考えましたら、小さなお子様を持った方には難しいかもしれません。しかし、融通がきくアパレル店もあります。面接の際に聞くのが良いでしょう。

 

体力的問題

セールなどの忙しい時期は、休憩時間が取れない場合もあります。その場合、8時間かそれ以上に立ちっぱなしです。

 

アパレル店によっては、指定の高いヒールを履いて働かなくてはならないところもあるので足腰が少なからず強くなくてはいけません。また、お洋服や服飾雑貨がたくさん入った重たい段ボールを運んだり、売り逃しを防ぐために、すばやく品出しをしたりと、けっこう体力を使います。

 

アパレルで働くショップ店員さんは一見華やかに見えますが、大変な部分もたくさん。でも、働いているうちに体力もつき、仕事にも慣れてきて、楽しく働くことが出来ます。興味があるのでしたら、一度面接に行って気になることを聞き、大丈夫そうだったら、働いてみてはいかがでしょうか。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら