アパレル転職の面接前に詳しく調べておきたい情報まとめ

MENU

アパレル転職の面接前に詳しく調べておきたい情報まとめ

アパレル業界とひとくちにいっても、様々な仕事のポジションがあり、業界の中でも色々なブランドを扱っている会社もありますね。いざ面接となる前に今一度調べておきたい事をまとめておきましょう。

 

受けたい会社のブランドの研究が大切

まずは自分が受けたいブランドのコンセプトや、企業そのものの研究をしておく事が大切です。面接でよく聞かれるのは、何故ウチのブランドを選んだのか、ということ。実際にお店に客として行って、客目線で疑問に思った事は、面接の時に活かせます。

 

また何故自分がこのブランドで働きたいかを考える事が志望動機にも繋がります。アパレルで色々な仕事のポジションにつきたいと思っていても、多くは販売員からが基本です。販売員になるためには資格は絶対ではありませんが、販売士や色彩検定などの資格情報も事前に下調べしておくと良いでしょう。

 

販売員であればお客様のサイズを測るのも仕事の1つですから、サイズの測り方の勉強くらいはしておけるはずです。その他にも志望動機や自己PRなど履歴書対策も大切ですが、中々自分だけでは正解が分からないので、転職支援サービスを受けるのもおすすめです。

 

キャリアプランは重要な事

アパレル業界にはデザイナーやパタンナー、生産管理や事務といった裏方の仕事があります。またバイヤーやマーチャンダイザーといった仕入れや生産管理の仕事もあります。はじめは販売員で経験を積む事が多いでしょうが、販売員の仕事さえしていれば、いきなりバイヤーなどになれる訳ではありません。

 

アパレルの裏方と販売では、会社員で言えば、営業と生産ラインくらいの違いがありますので、販売員を経験しながら自分に合ったスキルを磨く必要があります。転職を考える前に、自分がゆくゆくアパレル業界でどの仕事をしていきたいのか考えながら仕事をしていかないと、前に進む事ができません。

 

この事は面接でも聞かれる場合があります。会社としては将来性のある人を採用したい訳ですから、キャリアプランはざっとでも良いので立てておくべきでしょう。

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら