アパレル業界での転職は何歳まで可能?成功しやすい年齢

MENU

アパレル業界での転職は何歳まで

ファッションの仕事と言えば、若い人しか採用してくれないのでは?と思いますよね。しかし、最近では子供を産んだ主婦が、再度就職する就職先としてアパレル業界を選ぶ人もたくさんいます。

 

アパレル業界の転職は何歳まで?

アパレル業界といっても仕事は様々。生産管理やパタンナーといった専門要素の強い仕事であれば、特に経験があるのなら何歳という事はないでしょう。販売員であっても、年代とかけ離れたテイストのブランドでなければ、30代、40代でも転職は可能。逆にミセスブランドを20代の若い人が販売しても、あまり説得力がありませんよね。ですから需要は意外と多いのです。

 

転職が成功しやすい年齢がある訳ではありませんが、例えばキャリアチェンジをしたいのであれば、それなりに勉強やアパレルでのキャリアが必要となるため、30代になるでしょう。20代はバリバリ働いて、一度結婚、出産を経て、もういちど戻ってくる人も多いのです。その時にキャリアチェンジを望む人もいるので、大体30歳前後が一つの転職の目安と言えます。

 

もし未経験からや、経験者でもキャリアアップを狙うのであれば、時間がかかることも想定されます。そういった場合は20代の後半までには転職しておきたいですね。

 

そもそもアパレルって定年まで働けるの?

ショップ店員は、どこまで働けるのかと悩む方も多いのだそうです。確かに自社ブランドが20代向けなら、販売員で働いていると、そこの服装が合わなくなってきますよね。そういった時に転職を考える人も多く、独立してセレクトショップをオープンしたり、キャリアチェンジを考えたりします。

 

例えば会社で違うブランドや姉妹ブランドを持っていれば、そちらのミセスブランドへ移行したり、本社勤務になるケースも。会社で正社員として働いている以上、いきなり年齢とブランドが合わなくなったからといって、リストラされたりすることはないので、安心して良いでしょう。しかしキャリアチェンジの勉強は、今後の自分のためにもなりますね。

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら