ファッション・アパレル業界の求人、東京で正社員なら

MENU

活躍の幅をもっと広めたい人向け、東京のアパレル転職ノウハウ集

今アパレル業界で働いていて、スキルアップを目指す人も、アパレルは未経験でも仕事の幅を広げるためにアパレル業界に転職したい人もたくさんいるでしょう。転職といっても、いきなり何も準備をせずに転職するのは難しいことです。前準備として東京のアパレル業界がどんな所なのか、きちんと調べておく必要があります。

 

アパレル業界には様々な職種がある

東京のアパレル業界で働きたいと思った時に、「どんな仕事をしたいのか」、また「どんな理由でアパレル業界に行きたいのか」を明確にしておかないと、また転職した時に、迷う事になります。仕事の幅を広げたいという理由もあるのでしょうが、具体的にどんなスキルを身に付けたいかもポイントです。

 

アパレル業と一口に言っても、ショップ店員・店長と、接客業がメインの仕事。マーチャンダイザーやバイヤーなどの管理業務や仕入業も人気のアパレル業です。その他にも、裏方である在庫管理やファッションデザイナー、ブランドデザイナーやプレス、パタンナーなどアパレル業界といっても様々な職種があります。

 

どの職種のどこで幅を広げて行きたいのか。アパレルの転職の際には、しっかり考えておきましょう。そうすると、今自分に足りない部分が見えてきます。見えてくる中で、スキルアップのために資格を取得することもできますね。

 

アパレル業界は資格があったほうが有利?

仕事の幅を広げたいと思った時に、転職を考えますよね。その場合、資格はないよりもあった方が良いのは確かですが、アパレル業界は無資格でもセンスと真面目さ、接客業でいえばコミュニケーション力があれば上に上がっていくことが可能な職種です。転職の難易度はそんなに高くありません。

 

一方で、自分磨きを含め色々な所で働いていくためには、資格はあった方が良いでしょう。アパレル業界に適した資格で考えると、販売士、ファッション販売能力検定、色彩検定などがそれにあたります。資格もそうですが、今流行りの衣服や色を常にリサーチしてファッションセンスを磨くのも非常に大切なポイントとなります。日々ファッションセンスを磨いていきましょう!

 

東京のアパレル転職支援のエージェントサービス利用方法とメリット

いざ「東京のアパレル業界に転職したい!」。そう意気込んでも、実際には何からはじめて良いのか全く分からないことだらけではありませんか?いきなり会社に面談に行くのも不安ですし、1人では中々良い転職先も見つからないでしょう。そんな時に使うと便利なのが、アパレル業界用のエージェントサービスです。

 

エージェントサービスを利用するメリット

東京のアパレル業界の転職に強いエージェントサービスは、数多くの求人サービスを提供してくれるだけでなく、個別にマンツーマンで転職の手助けをしてくれます。例えば転職する際の総合的なアドバイスや、面談対策。それにデザイン画のアドバイスもしてくれます。さらに企業と直接自分の条件を交渉してくれるので、非常に心強いサービスなのです。

 

過去の資料を膨大に保有しているため、そのデータを元に転職に有利な情報や知識を教えてくれます。エージェントサービスの中には、実際の店舗を見学する事も可能です。未経験の人のための無料研修制度があるところもあります。自分にとって何が必要なのか?をきちんと調べてから、それに合わせてエージェントサービスを選ぶと、転職で成功する確率も上がりますよ。

 

エージェントサービスはどう利用するの?

エージェントを選ぶ際、自分にとってそのエージェントサービスにはメリットがあるかどうかも必要です。例えば関東圏に強いエージェントサービスなのに、関東圏に住んでいなければ、そのサービスはあまり使えません。エージェントサービスはどこかに必ず特化した強みを持っています。選ぶ際にしっかりとチェックしておきましょう。

 

登録をすれば、エージェントサービスの担当者と連絡を取ることになり、実際にヒアリングを行います。そこから色んな対策を経て、企業との面談や交渉に入ります。エージェントサービスはあまり一つに絞らず、複数のエージェントサービスに登録しておくのもポイントです。担当者との連携や面談は多くなるので少し面倒ですが、良い求人を得る確率がアップします。東京のアパレル転職する際にはエージェントサービスに複数登録しておくのがいいでしょう。

 

東京のアパレル、正社員の求人状況

東京のアパレルで、正社員の募集をしているブランドで働きたい!という方に向けて、現在の求人状況をチェックしてみました!

 

アパレルの販売員って、アルバイトが多いようなイメージがありませんか?本当かどうか確かめるために、大手4社の求人ナビサイトで調べてみました。検索条件としては以下の通りです。

 

●勤務地:東京都内
●雇用形態:正社員
●件数:

 

リクナビNEXT

ファッション・アパレル、・アクセサリー【小売】
→80件(89件)

 

マイナビ転職

専門店(ファッション・服飾関連)
→90件(107件)

 

DODA

服飾(アパレル・アクセサリ 等)/皮革製品/スポーツ用品-メーカー(素材/化学/食品/その他)
→62件(79件)

 

エン転職

ファッション・アパレル・アクセサリー
→37件(45件)

 

 

件数の横にあるカッコ内の件数は、雇用形態「正社員」を抜いて検索した際の件数です。つまり、東京のアパレル全体のうち正社員募集をしている企業は90%前後もあるんですね!勝手にアルバイトが多いんだろうと思っていたのですが、しっかりと正社員も募集しています。

 

アルバイトばかりになると、学校の授業やテストですとか、友達と遊びに行ったりといった予定によって仕事を頻繁に休まれるケースが多いんだとか…シフトを決めるのも一苦労ですので、しっかりと働く意志のある正社員が重宝されるんでしょうね。

 

接客はお客様と接することができるので楽しいことが多い反面、なかなか自分の思い通りにならないこともたくさんあるので辛い面もありますが、やりがいと責任をもって働く意思のあるあなたであれば、きっと採用されるはず!どんな企業で働きたいかなど、いろいろと考えてみましょう。

 

求人の件数は日々変わります。リアルタイムでの東京アパレル正社員の求人件数は、それぞれの求人サイトでチェックしてみてくださいね。

東京のアパレル、メンズファッションの求人状況

東京のアパレルで、メンズファッションのブランドで働きたい!という方に向けて、現在の求人状況をチェックしてみました!

 

メンズファッションのアパレルって、数が限られているような…実際のところ、どうなの?そんな不安がよぎるかと思いますが、大手4社の求人ナビサイトで調べてみました。検索条件としては以下の通りです。

 

●勤務地:東京都内
●キーワード:メンズ
●件数:

 

リクナビNEXT

ファッション・アパレル、・アクセサリー【小売】
→9件(89件)

 

マイナビ転職

専門店(ファッション・服飾関連)
→19件(107件)

 

DODA

服飾(アパレル・アクセサリ 等)/皮革製品/スポーツ用品-メーカー(素材/化学/食品/その他)
→2件(79件)

 

エン転職

ファッション・アパレル・アクセサリー
→8件(45件)

 

 

件数の横にあるカッコ内の件数は、キーワード「メンズ」を抜いて検索した際の件数です。つまり、東京のアパレル全体のうちメンズファッションは10%前後、といったところでしょうか。やはり、メンズファッションの求人数は少なくなりますね。

 

とはいえ、そのブランドは「エイチ・アンド・エム」「クリスチャンディオール」「Tabio」「トレジャー・ファクトリー」「Johnbull」「メーカーズシャツ鎌倉」など、一度は聞いたことのあるブランドばかり。そういった店舗で働くことができ、お客様に最高の商品を提供できるなんてやりがいがありそうですよね。

 

求人の件数は日々変わります。リアルタイムでの東京メンズファッションでの正社員の求人件数は、それぞれの求人サイトでチェックしてみてくださいね。

東京年代別アパレル求人

東京の20代のアパレル求人

東京で20代で働けるアパレルショップをお探しの方のために、企業が求めるポイントをまとめてみたいと思います。

 

まず、アパレル企業は数が多いため、長く生き残っていく必要があります。もちろんブランドのコンセプトや商品力も大切ですが、そこではたらく人材の育成も重要な要素です。

 

私の知り合いにアパレル企業に勤め、店長として活躍している人がいるのですが、「やはり人材育成が店舗の業績を左右する」、と言っていました。人材育成といっても、様々な切り口があります。若いうちから会社の考え方、接客の基礎を学んでいただきたい、という思いが強いようです。

 

ブランドのターゲット層にもよりますが、やはり若い人が入社して、その会社で長く働くことが理想的。ですので、多くのアパレル企業では、新卒だけではなく第二新卒や20代の採用を積極的に行っています。もちろん即戦力であれば助かるのですが、そうではなくても長期的な視点での育成を手掛けている企業もあります。選考を進める中で、そのあたりのニュアンスを聞いてみるのもいいですね。

 

企業としては人材育成を行い、活躍できる社員を増やしていきたい。そのためには、若いうちから育てて、長期的に会社やお客様に貢献してくれるような人を募集しています。20代であれば、どのようなブランドでも対応できるでしょう。若者向けのブランドはもちろん、40代以上向けのブランドであっても、お客様からかわいがられる、ということがあります。実際に販売実績を伸ばしている若手社員もいます。

 

20代は様々なことにチャレンジできる伸びしろがたくさんあると思うので、ぜひ積極的に求人をチェックしてみましょう。

 

東京の30代のアパレル求人

東京で30代で働けるアパレルショップをお探しの方のために、企業が求めるポイントをまとめてみました。

 

ブランドによって顧客ターゲットの年齢層が変わってきます。10代向けでない限りは、30代社員の採用は積極的に行っているでしょう。30代というと、仕事の経験も増え、実績やできることも明確になってくる時期です。あなたが今までやってきたことの棚卸をしたうえで、企業やお客様にどのような貢献ができるのかを伝えると、即戦力としての活躍が期待されるでしょう。

 

30代であれば、20代向けのブランドであっても、40代以上向けのブランドであっても、お客様と円滑なコミュニケーションを取ることができるはず。20代向けであれば、自分の今までの経験を活かすことができますし、40代以上向けであれば、自分がこれから扱いたいと思っているコーディネートなどを提案することができます。

 

よく転職市場では、「30代になると転職が厳しくなる…」ということが言われております。それはあくまで一般的な考えです。何も統計データに従う必要はありません。あなたの知識や経験が、その会社にとって必要だと判断されれば、何歳からでもキャリアアップを目指して転職することは可能です。

 

実際に、30代以上はNGだ、という企業でも、履歴書や職務経歴書を送付して面接をし、見事入社できたというケースもあります。東京は人も企業も多い分、移り変わりが激しいです。でも、そういった環境であるからこそ成長できることもあります。30代はまだまだ成長できる余地が十分。年齢に捉われることなく、ぜひ転職活動にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

東京の40代のアパレル求人

東京で40代で働けるアパレルショップをお探しの方のために、企業が求めるポイントをまとめました。

 

東京都内で、40歳以上でも募集をしているアパレル企業をナビサイトで探してみたのですが、実際のところほとんど募集されていませんでした。正社員ではなく、契約社員や派遣社員であれば、まだ可能性は残っているかもしれません。ただ、可能性として残されているのは以下の2つのパターンではないでしょうか。

 

1つ目、「40代向けのブランド」に応募すること
。顧客ターゲットが40代であれば、お客様の気持ちに立って接客をすることができます。たとえば服ブランドでいいますと、

 

  • NIMES
  • Hug O War
  • BOSCH
  • 自由区
  • TOMORROWLAND
  • ナラカミーチェ

 

といったところが有名でしょうか。もちろん、自分自身が気に入っているブランドに応募するということもいいですね。

 

ナビサイトや採用ホームページには「〜歳まで」という表記が書いてあっても、電話をして話をすれば意外と面接に呼ばれるケースもあります。試して損はしないと思いますよ。

 

2つ目、「管理職採用」として応募すること

40代となると、一般企業では管理職となります。自分が積極的にプレーヤーとして働くのではなく、部下や後輩の指導を中心にしていく働き方となります。

 

もちろん、ブランドによっては40代でもまだ接客してほしい、という企業もありますが、そういった募集がされていないのであれば、店長やエリアマネージャーとしての採用がされていないのか、確認してみるといいでしょう。20代や30代で活躍していた社員が、結婚や出産をきっかけに退職するケースもあり、意外とアパレル業界のマネジメント層は不足しているのが現状です。

 

このように、40代でアパレルショップで働きたいのであれば、40代向けのブランドへアプローチするか、もしくは管理職として採用してもらえないか、働きかけてみるといいのではないでしょうか。

 

 

東京の50代のアパレル求人

東京で50代で働けるアパレルショップをお探しの方のために、企業が求めるポイントをまとめました。

 

50代ともなると、いくら企業数、店舗数の多い東京エリアでも少し採用は難しくなります。やはり、50代となると働きにくくなるのでしょうか。しかし、年齢を重ねても求められる方は求められるのです。

 

アパレルとは少し分野が違うかもしれませんが、ポーラの美容部員として活躍されている「浜田ミヨさん」という方がいらっしゃいます。彼女はなんと90歳を超えてもなお、現役で販売部員として、月に50万円ほどの売上を稼ぐのだそうです。何歳になっても働くことができる、ということを示してくださっています。

 

なぜ企業が40代以上の募集を敬遠するのか

まずは、長く働くことができないと思っているから。20代であれば、30年以上働いてくれる可能性があるわけですよね。それが40代、50代となると、10年ほどになってしまうのでは、という懸念点があるのです。そうすると、かけた採用費や教育費、備品代などを考えると、あまり利益をもたらしてくれないだろうな…となるのです。

 

であれば、できるだけ長く働く意志を示すか、その分売り上げや後輩の育成に貢献することを示すか、そういったアピールをすれば、企業側としても納得しやすいのではないでしょうか。

 

前職の経験としてこれだけの販売実績がありました。そのノウハウを御社で活かします。また、それを部下や後輩に伝えていきます。その結果、売上はこれだけ上がると考えています。こういったスタンスで、企業がメリットを感じることができれば、採用しない理由がなくなっていくわけです。

 

年齢や環境に負けてしまうのではなく、どうしても働きたいという意思を伝えるとともに、採用するメリットをしっかりと伝えることができれば、まだまだ働くチャンスはあるはず。パートや契約社員から正社員へ、という道もあります。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

東京のアパレル・ファッション転職なら



『ファッショーネ』特徴
・販売職はもちろん、専門職(デザイナー、パタンナーなど)の転職支援も。
・1,000人以上を受け持った経験豊富なキャリアコンサルタント。
・コンサルタントは地域ごとに専任です。
・無理に転職を勧めることも、足切りもありません。
・アパレル業界の豊富な職種と求人。独占求人も多数あり。
・登録後は、渋谷ヒカリエにて面談。
(面談を希望されない方は、電話コンサル)


アパレル転職求人サイトはこちら


更新履歴